imgタグの適切な使い方

imgタグの適切な使い方を学んで、いきます。lmgタグはホームページを構成しているHTML内において、画像に用いるタグです。

使い方を誤ると検索順位に悪い影響も出るため、慎重に使用していきましょう。lmgタグの書き方はこんな感じです(XHTMLの場合)。

<img src= ”画像ファイル名” width=”幅”height=” 高さ”

alt=”代替テキスト”/>

ここで、「width=” ◯◯” height=”△△”alt=”口口”」がなくても画像は表示されますが、省略してはいけません。

というのも、「width=”◯◯” height=”△△”・・」を省略することで、画像の読み込み時間が遅くなるというデメリットがあるのです。

また、「alt=”口口”」を省略することについては、正f確なHTMLの書き方から外れているため、減点評価となります。反対に、alt=”口口”を付けたからといって、必ずしもSEO的に有利になるというわけではありません。加点の対象にはならないのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です