提供コンテンツとの整合性について

提供している商品やサービスとキーワードの関係をよく考えることが必要だそうです。訪問者数で広告収入が決まるメディア系のウェブサイトなどは、コンテンツを自由に制作できるそうです。そういうサイトはキーワードだけを見て選定することができて、それに合わせてサイトを設計することができるそうです。商品の販売やサービスの申込みが目標になっているサイトだと、キーワードの方にコンテンツを自由にすることはできないそうです。商品やサービスのラインアップにコンテンツを合わせるということが必要になってくるので、キーワードが提供する予定のコンテンツに適しているかということを考えていく必要があるそうです。キーワードとコンテンツの整合性を考えていくことは「成果」へ効率よく導いてくれるヒントが多くあるかと思います。対象のキーワードが利用者が求めているコンテンツを提供できるかどうか、そして利用者が求めるコンテンツを提供できた場合に、そこから進んで目的である「成果」につながっていくのかということを考えることができると思います。良いコンテンツだろうと利用者が求めていないものならどうしようもないといえるようです。旅行の計画を立てているために検索をしている人に対して、SEO対策のノウハウを提供するコンテンツを見せても満足はしてもらえないということだと思います。「ターゲット」は何を求めているかを考えることが大切だと思います。対象となるキーワードを利用する人たちは、求めるものを手に入れたあとに、成果につながるようになっているのかどうかを考える必要があるかと思います。キーワード対策で集客ばかりに気を取られても、両輪で考えていかなければ意味がないと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です