コンセプトとターゲット

ホームペ ージ作成の際、いちばん最初に考えておかなければならないこととして「ホームページの閲覧者に何を伝えたいか」ということが挙げられるでしょう。と言っても、何も難しく硬く考える必要はなく、自身が閲覧者になったつもりで快適環境を追求していくことで達成されるものと言えるかもしれません。そもそも有名企業や有名ブランドのホームページでない限り、自分のページの閲覧者というのは、ほとんどインターネット検索やSNSと言ったものを介し、たまたまページを見つけたという人がほとんどなのではないでしょうか。つまり、初対面の人に自己紹介をするときと同じようにページを作成していけば良いということが言えるでしょう。自分がこのページを通して「伝えたいこと」や「アピールしたいこと」を整理し、より考えを深めていくことで、ホームページに掲載すべき内容は自ずと浮かび上がってくるのではないでしょうか。ホームページというのは、目的によって、扱い方が変化していくものであり、閲覧者側の立場から言うと、目的達成のために「閲覧したい」と思うサイトの選択が変わるでしょうし、運営側の立場から言うと、どんな人に閲覧してもらいたいかという点でサイトのデザインやコンテンツと言ったものが変わってくるのではないでしょうか。このように多種多様な変化を遂げられるホームページだからこそ、ターゲットの設定というのが大切になってくるのではないでしょうか。ただ漠然とページを作っても、漠然とした閲覧者が漠然とした目的を抱え、閲覧し、去っていくという不毛地帯を生んでしまうだけでしょう。例えば、若者向けの美容グッズを扱う会社のホームページであれば、関連企業の営業担当者や、同年代の女性など、「商品に興味がある人」を対象として作成することになるでしょう。そのような人たちがどんな情報を欲しがっているかを想定していくことが、より良い環境を設定していく鍵になるのではないでしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です