Author Archive: admin

キーワードをバランスよく

SEOのための記事コンテンツは、本文全体lこキーワードがちりばめられているほうが有利です。
「ハワイアンジュエリー 選び方」というキーワードで上位表示したいので、あれば、本文の前半だけに「ハワイアンジュエリー 選び方」が書かれている原稿よりも、本文の前半、中盤、後半と全体に 「ハワイアンジュエリー 選び方」が含まれていたほうが理想的です。
キーワードが前半または後半に偏った文章は、文章全体として別のことを語っている可能性も高くキーワードにマッチしていない文章に仕上がっている危険性もあります。
設計図を作り、無理がないかを見極めてから文章を書いていきましょう。

テキストのバランス

デザイン性を重視するあまり 、文字が不要に小さくなっていることがありますが、小さすぎる文字は閲覧者側からすると、とても見ずらいものです。 特にモパイルブラウザのフォントサイズについては、 16CSSピクセルの基本フォントサイズが推奨されています。 また、行間のデフォルトは 1.2emです。 まずは、この基本フォントを念頭において、PC版も同様、 Web制作にあたるようにしましょう 。 なお、推奨基準に準拠していたとしても、特定フォントの場合、調整が必要となることもあるため、目でもきちんと確認するようにしてください。

背景色に近い文字色だと見づらいため、文字の大きさ同様、ユーザ一 目線では NGです。このようにユーザ一目線で悪影響となる場合、 SEO的にも悪い影響を受ける可能性が高くなります。必ず、カラーコードの種類や、実際に目でも確認して 、背景色と近すぎていないかを確認しましょう 。

見出しタグやその他の タグについても、できるだけ見やすいように工夫しなければいけません。 特に、 p(段落)タグにおいては、文節をきちんと区切ってあげることで、 閲覧者が見やすくなるばかりでなく、検索エンジンにも理解しやすいものとなります。

見栄えにこだわるあまりに、改行のbrタグを多く使用しているWebサイトを見かけることがあります。そして、ここで brタグを多く用いると、 HTMLがごちゃごちゃします。さらに言うと、余計なファイルサイズが増えることにもなります。 ですから、必要な場合のみ改行タグを用いて、それ以外は CSS側で調整す るようにしましょう 。

検索エンジンは、スペースのある続き文字を正しく理解することが苦手です。デザイン的な理由で文字聞にスペースを挿入する際に、ただ単にスペースキーで対応すると、言葉としてではなく単体の文字として処 理される可能性が高くなります。スペースキーで調整するのではなく、文字間隔を空ける場合は、 CSSのletter-spacingプロパテイで調整しましょう 。

 

用語集は集客しやすい

SEOというのは、いかに検索順位をあげるかということでサイトへの集客をはかるテクニックです。この対策を行うことはもちろん大事ですが、同時にサイトや記事の内容により集客しやすいものを加えていくかということも重要となってくるのです。

この両面で集客効果があるコンテンツのひとつが「用語集」。ここからはなぜ用語集に集客効果があるのかをご説明しましょう。

 

SEOという面から見た1番のメリットとしては、用語集はサイトのページや内容を簡単に増やすことができるということです。

ページ数を増やすことができれば、サイトのテーマに沿った内部リンクを増やすことができます。その結果、検索エンジンからの評価がアップしやすくなることから、検索順位を上げやすくなります。

そして内容面で集客力が生まれる理由としては、インターネットを辞書代わりに使用している方が多く存在するからです。

用語集を用意することにより、そういった層を自分のサイトに誘導できます。うまくいけば、さらにサイトの他のページへと誘導することもできるでしょう。

では 、この「用語集」というコンテンツは 、どうやって作ればよいのでしょうか?

もちろん、普通に記事を作成してもかまいませんが、その際に用語向きのタグを正確に使えば、検索エンジンにと っても理解しやすくなり 、評価が上がる可能性もあります。
具体的には、定義リストを意味する<dl>タグ、用語説明だということを意味する<dd>タグを使い、定義リストを作るという形がよいでしょう。

相互リンクを積極的に依頼する

相互リンクを依頼する際、ただ漠然とオファーをしても受けてくれる確率は高くなりません。また受けてくれたとしても、大量に生成されたリンク集ページに張られるというケースでは効果があまり期待できません。従って、相互リンクの依頼先は厳選する必要があります。
効果的な相互リンクの依頼方法は次の通りです。

・ライバルサイトとの相互リンク

自分が上位表示を狙っているジャンルやキーワ ドで、実際に上位表示しているサイトを片っ端から見て、相互リンクを募集しているサイトを探して依頼します。「ライパルサイ トは相互リンクしてくれないだろう」と心配する必要はありません。
逆にみなさんそう思っているので、関連サイトからのリンクが得られずに困っている人が多いものです。 SEO の意識が高い相手であれば、自分のサイトにプラスと判断して喜んでOK し てくることも多いでしょう。むしろ関連しないサイトに依頼するより、関連サイトに依頼する方が受けてくれる可能性は高いぐらいです。

 

・ブロガーに依頼する

ブロガーに依頼するのも有効です。依頼メ ールを送る際に重要なのは、相手のブ口グを読んで、簡単なものでもいいのでその感想を書き、さらに相互リンクがもたらすお互いのメリッ 卜を説明することです。もちろん自分のサイト の関連テーマのブログがベストです。
一般の商業サイトの場合、普段から相互リンクを行っているサイトでなければ望みは薄いでしょう。しかしブロガーだと割と簡単にサイドメニューにリンクしてもらえることがあります。まじめに運営しているブロガーほどブ口グを盛り上げよう としているので、関連サイトをリンクしたり、 SEO的にプラスのことを行うこと
に積極的です。
ブログのサイドメニューに張られるということは、ほとんどの場合そのブログの全ページからリンクをもらえることになるし、もちろんそれは最も効果の高い トップページからの リンクにもなります。
この手法で依頼するサイトはメインの商業サイトよりは、衛星サイトとして作成したブログの方がいいでしょう。

・ライバルサイトの被リンク元を調べる

ライバルサイトの被リンク元をヤフーで調べてその上位表示サイトを見て、相互リンクを行っているサイトがあればそこに依頼します。被リンク元順位で上位表示 しているということは被リンク効果が高いことを意味します。
ただし、リンク集ぺージがたくさんある場合には、古くからあるページだけが効果が高く、新しいページに張られても効果が低い場合があります。

ターゲットを明確に

人はそれぞれ趣昧や晴好が異なります。世の中すべての人にとって 良質なコンテンツを作ることは、ほとんど不可能に近いでしょう。

まずは、自分のサイトを「どんなサイトにしたいのか」というコン セブ卜を決めて、そのコンセブトに従って「どんな人に見てもらいた いか」というターゲッ 卜を設定しましょう。

例えば、 「SEOについての情報を初心者にもわかりやすく解説する」 というコンセブ卜で、「サイト運営の初心者」をターゲッ卜にしたサ イトであれば、サイ トに掲載するコンテンツも明確になるはずです。

 

同じ SEOの情報を掲載 しているサイトでも、「上級者」向けに解 説する場合と、「初心者」向けに解説する場合では、 コンテンツの種類や説明の仕方も変わってくるはずです 。

良質なコンテンツとは、サイトのターゲツ卜にとって、 理解しやす い最適な表現で掲載されているコンテンツです。設定したターゲット に合わせて、コンテンツを作り込みましょう。

コンセプトを固めるためには、「誰が (W h o)」「何 を (W h at)」「い つ (When)」「どこで (Where)」「どうして (Why)」「どのように (How)」情報を伝えるのか考えてみましょ う。

スマートフォン市場

Google側もアルゴリズムの改善に取り組むことを求められています。 市場が求めているからこそ、 Googleも対応せざるを得ないのです。Google のような最先端を行く巨人こそ、目の前の人問、つまり「ユ ーザー」に向けて、よりよいサービスの提供に取り組んでいます。市場は数が決めます。 仮にスマートフォン市場がいま以上に膨らんだとして、 Google が何の対応もなく、 PC を置いたアルゴリズムならば、いずれスマート フォンをほかの検索エンジンにシェアを脅かされることになるかもしれません。『誰が顧客であるのか ?』これを無下にしてし まうと、業績を揺るがす大きな問題にもなってしまいます。繰り返しになりますが、市場とは、数(シェア率)が決定するものです。

ロシアの検索エンジン「Vandex」

ロシアでは、Yandex(ヤンデックス)という検索エンジンが60%でトップシェア、それにGoogleが25%のシェアで追従しています。ちなみにYandexは(YetAnother inDEX)の略語です。

Yandexはロシア全体のネットトラフイツクの64%を占めており、ロシア最大のウェブサイトです。ロシア以外にもカザフスタン、トルコ、ウクライナ、ベラルーシにもリーチがあり、積極的にその勢力を伸ばしています。

Yandexは、ロシア語で書かれたウェブサイトを検索結果の上位に表示させる傾向があることから、ロシアでウェブマーケティングを行う場合は、ロシア諾のウェブサイトを持つ必要があります。

 

imgタグの適切な使い方

imgタグの適切な使い方を学んで、いきます。lmgタグはホームページを構成しているHTML内において、画像に用いるタグです。

使い方を誤ると検索順位に悪い影響も出るため、慎重に使用していきましょう。lmgタグの書き方はこんな感じです(XHTMLの場合)。

<img src= ”画像ファイル名” width=”幅”height=” 高さ”

alt=”代替テキスト”/>

ここで、「width=” ◯◯” height=”△△”alt=”口口”」がなくても画像は表示されますが、省略してはいけません。

というのも、「width=”◯◯” height=”△△”・・」を省略することで、画像の読み込み時間が遅くなるというデメリットがあるのです。

また、「alt=”口口”」を省略することについては、正f確なHTMLの書き方から外れているため、減点評価となります。反対に、alt=”口口”を付けたからといって、必ずしもSEO的に有利になるというわけではありません。加点の対象にはならないのです。

売れる検索キーワード

売れる検索キーワードに対して存在するのが売れない検索キーワードです。実はSEOを行う人のほとんどがこの「売れない検索キーワードであることを知らず無駄な時間と手間をかけ続けている。売れる検索キーワードを見つけることよりも売れない検索キーワードを見抜く力の方が、 SEOでは非常に重要な知識である。 売れる検索キーワードは実はそんなに多くない。 “そんなに多くない”どころか、“ほとんどない”と言った方がいいぐらいである。相談を受けたクライア ン卜のうち、まともにSEOをして売上があがりそうな売れる検索キーワー ドを提案してくるのは10%ぐらいの人だという。それだけ、 SEOの言葉選びに対して知識を持っている人が少ないのか、はたまた売れる検索キーワードそのものが少ないのか、微妙な問題ではあるが、どちらにせよ、売れる検索キーワードというのは、そう簡単には見つからないということは理解してもらいたいところである。
これからレクチャーするのは、売れる検索キーワードをふるいにかけていく作業である。
今まで、自分のビジネスにおいて、検索結果で上位表示されたら、恩恵を受けそうな検索キーワードを言葉の山の中から選んできた。そして、検索回数を調べ、その中でさらに商晶名や地域名を入力して、売れる検索キーワードを見つけてきたと思う。