Author Archive: admin

ソフトによる制作

ドロー系ソフトにおいては、点から点を結ぶ線と、その線に囲まれた空間を塗りつぶすという形式から図形を定義するとされています。ドロー系のソフトで製作されたデータは「postscript」と呼ばれる言語で記述されることにより処理が可能となり、出力する装置の解像度に合わせてラスタ化されるとされているため、滑らかな線で高品位と言える出力が可能と言われています。なお、ドロー系のソフトで保存されたデータというのは、そのままの状態ではウェブブラウザで表示が不可能とされ、ウェブページでベクタ形式の画像を利用するためには、ラスタ形式に保存し直さなければならないでしょう。ドロー系ソフトのデータを読み込みが可能なペイント系ソフトを使用してデータを開き、GIfなどのウェブに適したファイル形式に変更して保存し直すといった方法がよくみられているようです。ベクタ形式で画像を製作する際には、ドロー系ソフトによって線を描くことが基本的とされています。ドロー系ソフトによるベクタ形式画像の特徴というのは、ベジエ曲線を使った曲線表現にあると言えるでしょう。ベジエ曲線というのは、一度描画してしまった後でも線を自在に編集できるとされており、そのため、繊細な曲線を扱っているといったデザインには適していると言えるでしょう。ベジエ曲線を描くには、アンカーポイントと方向線を基にして曲線を定義していくことになるでしょう。描いた線はパスと呼ばれ、パス上の始点と終点、およびその間の制御点などにより、パスの形が決定されるようになっているようです。パスは、制御点と方向線の移動によって形を変更できるとされており、直線や曲線のように始点と終点を持つパスのことを「オープンパス」と呼んでいます。ホームページ作成時にも図形を使用する際には覚えておくと良いでしょう。

デスマーチ対策

ホームページ作成の途中、メンバーが対応しきれない負荷がかかり続けることを「デスマーチ」と呼んでいます。こういった状態が続いてしまうと、制作者の疲弊は当然ですが、成果物自体に影響を及ぼしかねないでしょう。最悪な状況としては、制作者だけでなく、発注者をもまで巻き込んで負担をかけてしまう危険性があると言えるでしょう。こんな中でサイト公開になんとかこぎつけられたとしても、一般的に制作費用の追加請求というのは難しいとされており、プロジェクトに関係した人たち全員の中に残念なしこりが残ってしまうという可能性も否定できないでしょう。デスマーチの発生には主に2つの要因が挙げられ、1つ目は、制作計画の見誤りというものが要因である場合でしょう。スケジュールを見誤ってしまうと、制作が間に合わないことは明白でしょう。また、要件定義と詳細がずれている場合にも計画自体に変更が必要になってくるでしょう。不確定要素などを見つけた場合には、それがのちに致命的になるかどうかということと、もし致命的な場合、いつまでにその内容を確定させるべきかという点を発注者とすり合わせておくことが必要でしょう。見積もり段階で曖昧な点はしっかり解消した上で計画を練っていくことが重要でしょう。現場でのプロジェクトマネジメントというのは、デスマーチ対策の万能薬とは言い切れませんが、ここを怠ってしまうと逆に、プロジェクトマネジメントの未熟さがデスマーチを起こす要因となってしまう危険性は否定できないでしょう。不明な点はしっかり書き出し、情報の整理と管理を徹底していくことが大事なのではないでしょうか。また、入念なプロジェクトチェックを周囲に協力してもらうことも良いのではないでしょうか。特に新人プロジェクトマネージャーと言った場合には、扱いがデリケート故に穴が開いてしまうといった事例が多発してしまう傾向にあり、デスマーチ発生の要因になりがちと言えるため、フォロー体制を整えるのも重要でしょう。

コンセプトとターゲット

ホームペ ージ作成の際、いちばん最初に考えておかなければならないこととして「ホームページの閲覧者に何を伝えたいか」ということが挙げられるでしょう。と言っても、何も難しく硬く考える必要はなく、自身が閲覧者になったつもりで快適環境を追求していくことで達成されるものと言えるかもしれません。そもそも有名企業や有名ブランドのホームページでない限り、自分のページの閲覧者というのは、ほとんどインターネット検索やSNSと言ったものを介し、たまたまページを見つけたという人がほとんどなのではないでしょうか。つまり、初対面の人に自己紹介をするときと同じようにページを作成していけば良いということが言えるでしょう。自分がこのページを通して「伝えたいこと」や「アピールしたいこと」を整理し、より考えを深めていくことで、ホームページに掲載すべき内容は自ずと浮かび上がってくるのではないでしょうか。ホームページというのは、目的によって、扱い方が変化していくものであり、閲覧者側の立場から言うと、目的達成のために「閲覧したい」と思うサイトの選択が変わるでしょうし、運営側の立場から言うと、どんな人に閲覧してもらいたいかという点でサイトのデザインやコンテンツと言ったものが変わってくるのではないでしょうか。このように多種多様な変化を遂げられるホームページだからこそ、ターゲットの設定というのが大切になってくるのではないでしょうか。ただ漠然とページを作っても、漠然とした閲覧者が漠然とした目的を抱え、閲覧し、去っていくという不毛地帯を生んでしまうだけでしょう。例えば、若者向けの美容グッズを扱う会社のホームページであれば、関連企業の営業担当者や、同年代の女性など、「商品に興味がある人」を対象として作成することになるでしょう。そのような人たちがどんな情報を欲しがっているかを想定していくことが、より良い環境を設定していく鍵になるのではないでしょうか。

偏りすぎないことが重要

RPAというものが得意としている決まったルールのある単純作業を自動化するというのは、企業で当てはめて見ると人事や経理、総務といった所謂「バックオフィス」と呼ばれる部門と言えるのではないでしょうか。現在では「フロントオフィス」といった部門にも導入範囲が拡大されているのも事実でしょう。そこで、近年問題となっている「働き方改革」の解消方法としてトップダウンで会社全体で導入を展開してしまうと、失敗につながる危険性があると言えるでしょう。これは、業務の進行方法や判断基準などのようなルールが各部署で違うといった点が大きく関係してくると言えるでしょう。会社全体をいっぺんに対象として共通化を行うことは、ほとんどの会社で不可能と言えるのではないでしょうか。一方、現場主導で個別に導入して行くスタイルというのも、失敗につながることが多いようです。会社全体での最適化というビジョンを持たないままに、各責任者がそれぞれの現場でロボット開発を進めてしまった場合、いずれは社内のシステム運営というものに支障をきたしてしまうと言った危険があると言えるでしょう。最悪の場合、情報システム部門で行われているメンテナンスの負担と言ったものが現場部門に分担され、逆に運用に手間がかかってしまうと言ったデメリットを生じかねないと言えるでしょう。RPA導入の流れとしては、まず会社全体のビジョンを持ち、トップが導入の決断を行い、現場の希望に合わせたアプローチを行いながら、徐々に全体化を図って行くということが望ましいのではないでしょうか。RPA導入によって得られる成果がある程度実感できるようになったら、別の部署でのRPAを導入すると言ったように、全体化を視野に入れてから部分導入して行くという方法が成功の秘訣と言えるのではないでしょうか。

サイトの訪問者を増やす

皆さんの Web サイトを、たくさんの人に見てもらいたいと考える時に、考えなくてはならないことは、まずは SEO 対策などと呼ばれる「Search Engine optimization」が 重要となってくるでしょう。 SEO とは、検索エンジンを最適化するなどと言われますが、実際には Google などの検索において、皆さんの Web サイトが検索ランキングの上位に表示されるような対策のことを言います。個人単位での SEO 対策も可能ですが、実際には企業などの業者に、依頼をかけることがほとんどであるようです。 SEO 対策には、様々な方法がありますが、その専門的な知識に関しては、一言で語ることは、なかなか難しいのですが、皆さんが運営している Web サイトにも 、SEO 対策に関する技術が盛り込まれているので、実際に皆さんの運営するウェブサイトが、 SEO 対策に不向きであるようなサイトであれば、専門的な知識を持った技術者に、依頼をかけることで SEO 対策に万全であるサイトへの構造上の書き換えが必要があるのではないでしょうか 。

提供コンテンツとの整合性について

提供している商品やサービスとキーワードの関係をよく考えることが必要だそうです。訪問者数で広告収入が決まるメディア系のウェブサイトなどは、コンテンツを自由に制作できるそうです。そういうサイトはキーワードだけを見て選定することができて、それに合わせてサイトを設計することができるそうです。商品の販売やサービスの申込みが目標になっているサイトだと、キーワードの方にコンテンツを自由にすることはできないそうです。商品やサービスのラインアップにコンテンツを合わせるということが必要になってくるので、キーワードが提供する予定のコンテンツに適しているかということを考えていく必要があるそうです。キーワードとコンテンツの整合性を考えていくことは「成果」へ効率よく導いてくれるヒントが多くあるかと思います。対象のキーワードが利用者が求めているコンテンツを提供できるかどうか、そして利用者が求めるコンテンツを提供できた場合に、そこから進んで目的である「成果」につながっていくのかということを考えることができると思います。良いコンテンツだろうと利用者が求めていないものならどうしようもないといえるようです。旅行の計画を立てているために検索をしている人に対して、SEO対策のノウハウを提供するコンテンツを見せても満足はしてもらえないということだと思います。「ターゲット」は何を求めているかを考えることが大切だと思います。対象となるキーワードを利用する人たちは、求めるものを手に入れたあとに、成果につながるようになっているのかどうかを考える必要があるかと思います。キーワード対策で集客ばかりに気を取られても、両輪で考えていかなければ意味がないと思います。

路地裏のWeb商店の見つけ方

「SEO対策」は、「Search Engine Optimization」と言い、「検索エンジン」の最適化を計る取り組みであります。皆さんが、日頃から利用している検索エンジンの検索機能によって、表示されるWeb情報の推移を元に、ユーザーとWeb商店に繋がりやすい環境を提供しようという考えです。リアルな商店もそうですが、どんなに雰囲気の良く、リーズナブルで、美味しい珈琲屋さんが、街中の人気のない路地裏にあったとしても、人に知られなければ、お客様はやって来られないのです。その為に、広告を出したり、チラシを配布したり、友人知人に宣伝したり、看板を出したり、まずは、人々に商店や喫茶店の存在をお知らせしますよね?Web商店も全く同じ事です。誰かに、インターネット上の商店サイトの存在を知らせない限りは、誰もやって来られません。そこで、広告を出したり、チラシを配布したり、友人知人に宣伝したり、看板を出したりする事も良い活動ですが、検索エンジンの機能に着目した、広告活動を行おうと取り組まれているのがSEO対策であります。ユーザーが、興味をもって自主的に、検索ワードを入力してやって来るのですから、Web商店としては、とてもありがたいお客様ばかりです。

1カ月の予想検索数

残念なことにYahoo! リスティングの候補キーワードには、並べ替え機能が付いていません。並べ替えを行うには、「キーワード」と「1カ月の予想検索数」をマウスでドラックしてコピーします。
いったんメモ帳などで編集してから、Excelなどに貼り付けて、並べ替えを行います。

Yahoo! リスティングの「候補キーワード」は、下限と上限があります。
どちらの数字がSEO的に効率がよいか判断に迷ったら、Googleの「キーワード最適化ツール」と比較してくださ い。
日本における検索サイトのシェアは2010年1月の時点で、 Yahoo! JAPAN が約60%、Googleが約30%ですから、シェアの差はおよそ2倍。シェアを考慮したうえで比較するのであれば、Googleのキーワード最適化ツールの数値を2倍にしたものを、Yahoo! リスティングの候補キーワードと比較し、その近似値で上限を取るか下限を取るか判断します。
月間検索数がふたつもあると、迷ってしまいますが、これでひとつになったので、もう迷うことはないでしょう。

キーワードをバランスよく

SEOのための記事コンテンツは、本文全体lこキーワードがちりばめられているほうが有利です。
「ハワイアンジュエリー 選び方」というキーワードで上位表示したいので、あれば、本文の前半だけに「ハワイアンジュエリー 選び方」が書かれている原稿よりも、本文の前半、中盤、後半と全体に 「ハワイアンジュエリー 選び方」が含まれていたほうが理想的です。
キーワードが前半または後半に偏った文章は、文章全体として別のことを語っている可能性も高くキーワードにマッチしていない文章に仕上がっている危険性もあります。
設計図を作り、無理がないかを見極めてから文章を書いていきましょう。

用語集は集客しやすい

SEOというのは、いかに検索順位をあげるかということでサイトへの集客をはかるテクニックです。この対策を行うことはもちろん大事ですが、同時にサイトや記事の内容により集客しやすいものを加えていくかということも重要となってくるのです。

この両面で集客効果があるコンテンツのひとつが「用語集」。ここからはなぜ用語集に集客効果があるのかをご説明しましょう。

 

SEOという面から見た1番のメリットとしては、用語集はサイトのページや内容を簡単に増やすことができるということです。

ページ数を増やすことができれば、サイトのテーマに沿った内部リンクを増やすことができます。その結果、検索エンジンからの評価がアップしやすくなることから、検索順位を上げやすくなります。

そして内容面で集客力が生まれる理由としては、インターネットを辞書代わりに使用している方が多く存在するからです。

用語集を用意することにより、そういった層を自分のサイトに誘導できます。うまくいけば、さらにサイトの他のページへと誘導することもできるでしょう。

では 、この「用語集」というコンテンツは 、どうやって作ればよいのでしょうか?

もちろん、普通に記事を作成してもかまいませんが、その際に用語向きのタグを正確に使えば、検索エンジンにと っても理解しやすくなり 、評価が上がる可能性もあります。
具体的には、定義リストを意味する<dl>タグ、用語説明だということを意味する<dd>タグを使い、定義リストを作るという形がよいでしょう。