Uncategorized

コンテンツキーワードを改善しよう

コンテンツキーワードを改善するには、キーワードの出現頻度を増やします。とはいえ、ただキーワードを単純に増やしたところで、それはスパムと判断されてしまうだけ。対象となるキーワードに関するウェブページを増やす方法で出現頻度を上げていく方法を取りましょう。単語を一つに対して、ウェブページを1ページ追加するぐらいの努力が必要となります。キーワード出現回数の差が400以上ならば、400ページを追加するイメージを持つレベルです。もちろん検索順位は、これだけで決まるわけではありません。ですが、やはりGoogleに目標キーワードが正しく認識されることが重要になります。もし目標キーワードが「ステレオ 福岡県」であれば、1にリフォーム、2に福岡、3に県となるのが理想的なのです。SEOに焦りは禁物。じっくりと改善しましょう。

SEO・効果的な投稿記事を書く

SEOのためのセカンドブログは、3歩進んで2歩下がるぐらいの気持ちが必要です。このぐらいの心構えでリンク対策を行っていきましょう。そうると、急激な変動を回避することができます。リンク対策のブログといっても、投稿記事にルールはありません。ただ、セカンドブログでも、いい加減な記事を書いて良いというわけでもありません。セカンドブログのテーマに合わせた記事を投稿しましょう。例えば、自分の趣味をテーマにしたセカンドブログを作るとします。その趣味に関した専門的な知識や、自分だけが知っている方法など、同じ趣味の人が読んで参考にできたり、楽しめるものにしたほうがいいということです。目標ページへ発リンクする記事も同じです。他の人が知らない情報やオリジナルな知識などの記事を書いてアンカーリンクを用意しましょう。

セカンドブログに焦りは禁物

セカンドブログの運用は、WordPressの予約投稿機能を活用すると、計画的な運用の助けになります。計画通りにすすめるのも大切ですが、あくまで目安として考えておきましょう。投稿期間が半月に一回でもOKです。セカンドブログの運営を続けていくと、Googleのしきい値に触れる可能性はいずれでてきます。しかし、しきい値を知ることはできません。なので、運用しながら、検索順位の変動を見ていくしかありません。それを見ながら目標ページのアンカーリンク数を調整していくということです。特に気をつけなければならないのが、検索順位がポジティブに上がっている時だと言われています。早く検索上位を獲得したいという気持ちが出てくるのは当たり前です。とはいえ、目標サイトへのアンカーリンクを短期間に増やすことはやめてください。

見込み客の集客はできているか

「成果」につなげるための「集客」ができるキーワードが選定できたら、今度は「アクション」につなげるという観点で考えなければならないそうです。キーワードの選定のときの絞り込みというのは、非常に大切なことだそうです。集客の数が少なくても、「商品を買う」とか「サービスに申し込む」というアクションをする人たちが多ければそれでいいと思います。闇雲に道を歩く人に声をかけても仕方ないと思います。ターゲットになりそうな人に声を掛けたいところですが、例えば英会話の教材を売りたければ、本屋さんの英会話教育関連の本棚にいる人に声をかける方が効率的だと思います。ウェブサイトも同様だと思います。商品やサービスをなんとか売りたいと思っているならば、多くの人に見てもらうのはもちろんですが、ただ見に来た人よりも「成果」につながる人に見てもらえる作りにしたほうがずっといいかと思います。キーワードの選定をするときに、検索件数ばかりを重要視して、あとは競合関係をチェックする程度で決めてしまう人も多いようです。長期間の効果を上げるためには、将来性とキーワードを一気に対策できる包含関係のあるものということが考えられますが、それだけでは成果につながるわけではないそうです。いわゆる「ターゲット」となる人ですが、「ターゲット」を明確にイメージすることがとても重要になってくるかと思います。闇雲に知名度や人通りだけを考えたら、渋谷や新宿に出店するということになるかと思いますが、家賃や人件費などのコストも高くなり、ライバルはたくさんいるということで、成果はなかなか出ないということもあるようです。けれどターゲットがきちんとわかっていたら成果を出すために選ぶべき場所もわかってくるはずだそうです。

ロボット型の検索エンジン

「ホームページ」と「ウェブサイト」について 日本では 一般的なホームページという言葉ですが、検索エンジンのしくみやSEO対策の説明をする際には、この表現では不都合があるため、ウェブサイトとウェブペー ジという表現を用いて説明をしています。 「ウ ェブペ ージ」と は、個々のペ ージを指す際に使用しま す。一方、ウェブサイトは複数のウェブページの集合を指す際に用います。例えば、ある企業 が20 ページ で構成されるサイ トを立ち上げていたとします。この20 ページ全部を指す時には株式会社Aのウェブサイトと表現します。対して、この株式会社Aのサイトのある1つのページを指す時に は、株式会社Aの、000のウェブペー ジ」という表現をします。
検索エンジンの種類は2つ
ディレクトリー型とロボット型があります。 Yahoo! やGoogle といった検索エンジンは、一般ユーザーから見ればどれも 同じ「インターネッ ト上 にあるウェブページをキーワードで探し出せる 」サー ビスです。実際どの検索エンジンを訪れても 、検索ボックスに自分が探している情報に関連する キーワー ドを入力して、検索ボタンをクリックすると 、検索結果としてたくさんのウェブページがリストアップされます。

しかし、 SEO に際しては検索エンジンは次の2種類に分類される ことを理解しておかなければいけません。その2種類とは、「ディレク トリー型検索エンジン」と、「ロボット型検索エ ンジン」です。
人聞が収集するか、ロボットが収集するか この 2つの収集方法の違いについて考えてみ まし ょう 。ディレクトリー型に分類される検索エンジンは、そこに掲載する情報はすべて人力、つまり人間によって収集され、各々のウェブサイ トの 取 り扱 っている トピックに よってカテ ゴリー別に分類した上で掲載し ます。対して、 ロボット型検索エンジンはクローラー(Crawler) と呼 ばれるページ収集ソフトウェアを利用して、インターネ ット上に存在する無数のウェブページを自動的に収集、インデックス を作成して検索サービスを提供します。

魅力的なタイトル文を作ろう

ユーザーの多くは、検索結果画面の上から順にWebページをクリックしていくと言われています。

このとき、何を判断材料としているかと言えば、「タイトル」、「スニペット」、「URL」ではないでしょうか。

「日付」はどうしようもありませんが、タイトルやスニペットは、SEO(検索エンジン最適化)の対象として簡単にできる要素であり、ユーザーに直接訴えかけられるため、設定しておくことが重要です。

タイトルタグは、HTMLで、の間に記入するもので、基本的に検索結果にそのまま表示されます。

ただし、タイトルが短い場合、空白の場合、コンテンツの内容と相違する場合、クエリとの関連性が薄い場合には、Googleが自動で設定する場合もあります。

検索結果画面では、タイトルタグでの記述に加えて社名が付け加えられています。

検索結果の画面上に表示されるタイトル文には、表示できる幅に制限があり、それを超えると省略されてしまいます。

長過ぎてもダメですが、ユーザーや検索エンジンにとってはページの内容を判断する手がかりになるため、短過ぎるのもダメです。

基本的には、30文字程度を目安にして作成するとよいでしょう。現在でも順位に直接影響する要素ではあるので、重要なページのタイトルでは意識したほうがよいでしょう。

ただし、思いついたキーワードを片端から含めるような書き方をすると、単純なキーワードの羅列になってしまいます。

そうではなく、コンテンツに含まれるトピックにマッチするキーワードのうち、優先度の高い2 ~ 3 ワードに絞ったうえで、魅力的なタイトル文を作成しましょう。

ライバルのWebサイトよりも魅力的なタイトルを作成すれば、順位が若干劣っていても、同等以上の割合でクリックされることもあります。

動的URLの自動生成

賃貸物件などを検索する不動産専用の検索サイトや、洋服の通販サイトといったものは、いくつかのカテゴリー分類から下層ページへ移動していくといった場合がほとんどと言えるでしょう。こういったパターンでページを移動していく場合、システムによっては、パラメータが振られてしまった「動的URL」というものが自動的に作成されてしまう可能性があるようです。動的URLが自動生成されてしまった場合、意図していないにも関わらず、重複コンテンツとみなされてしまう可能性があるようです。このようなことを防ぐためにも、<Search Console>を使用し、パラメータのインデックスを制限することが大切でしょう。自身のサイトに合わせた適切な設定を行えることが望ましいと言えるでしょう。

大見出しタグh1の文章は簡潔に

SEO(検索エンジン最適化)にとって、HTLMの「title」タグやheadタグ内にマークアップする「meta description」は重要と言われています。次いで重要なのがこれから紹介する見出しタグh1~h6です。hの後の数字が小さいほどSEOにとって重要度が増してきます。とりわけh1は、「大見出しタグ」と言われているように、コンテンツを構成するWebページのタイトルとも言えるため、ここには重要キーワードをもってくるように留意する必要があります。h2~h6の見出しタグは、必要に応じ随時使用されるもので、全て使用する必要はありません。使用順序としてはh2から順次使われるもので、内容的に入れ子形式(階層構造)で直前のhタグを掘り下げる内容の見出しとなるよう文章を決めていきます。一般的には、h3~h4ぐらいでとどめられる様Webページの構成は考えておきましょう。h5以降使用する場面が考えられそうならば、改めて別テーマへ移行すべく大見出しタグh1を追加して、配下にh2から構成していく方が、検索エンジンのロボットにとっても、検索ユーザーに対しても分かりやすい内容になるのではと思います。ところで、h1タグは記載内容が重要と言うばかりではなく、配置する位置もユーザーや検索エンジンのロボットに対してアピールできるよう配慮が必要です。このように重要なh1タグについて、もう少し詳しく記載方法等を説明していきたいと思います。まず気を付けるのが、見出しと呼ばれているように、長文となるような記載はお勧めできません。できるだけ簡潔に、そして明瞭な文章となるよう心掛けて下さい。もちろん、文章中に重要キーワードもしっかり盛り込む必要があります。理想は、一目見て以降に続く記事の内容が垣間見れるような見出しになっていること。少なくとも、改行しなければいけない程の長さは避けるべきでしょう。必要な情報は、以降のpタグで記載すればいい話です。titleタグで言われるのと同様に、語尾は言い切りを基本とし、「~です」のような助動詞は不要です。まずは、ユーザーに目を止めてもらえるよう、かつ検索エンジンのロボットに読み込んでもらえるようtitleを決め更に訪問してくれたユーザーに分かりやすく感じられるようなh1タグを工夫し作成していくべきと思います。

ソフトによる制作

ドロー系ソフトにおいては、点から点を結ぶ線と、その線に囲まれた空間を塗りつぶすという形式から図形を定義するとされています。ドロー系のソフトで製作されたデータは「postscript」と呼ばれる言語で記述されることにより処理が可能となり、出力する装置の解像度に合わせてラスタ化されるとされているため、滑らかな線で高品位と言える出力が可能と言われています。なお、ドロー系のソフトで保存されたデータというのは、そのままの状態ではウェブブラウザで表示が不可能とされ、ウェブページでベクタ形式の画像を利用するためには、ラスタ形式に保存し直さなければならないでしょう。ドロー系ソフトのデータを読み込みが可能なペイント系ソフトを使用してデータを開き、GIfなどのウェブに適したファイル形式に変更して保存し直すといった方法がよくみられているようです。ベクタ形式で画像を製作する際には、ドロー系ソフトによって線を描くことが基本的とされています。ドロー系ソフトによるベクタ形式画像の特徴というのは、ベジエ曲線を使った曲線表現にあると言えるでしょう。ベジエ曲線というのは、一度描画してしまった後でも線を自在に編集できるとされており、そのため、繊細な曲線を扱っているといったデザインには適していると言えるでしょう。ベジエ曲線を描くには、アンカーポイントと方向線を基にして曲線を定義していくことになるでしょう。描いた線はパスと呼ばれ、パス上の始点と終点、およびその間の制御点などにより、パスの形が決定されるようになっているようです。パスは、制御点と方向線の移動によって形を変更できるとされており、直線や曲線のように始点と終点を持つパスのことを「オープンパス」と呼んでいます。ホームページ作成時にも図形を使用する際には覚えておくと良いでしょう。

デスマーチ対策

ホームページ作成の途中、メンバーが対応しきれない負荷がかかり続けることを「デスマーチ」と呼んでいます。こういった状態が続いてしまうと、制作者の疲弊は当然ですが、成果物自体に影響を及ぼしかねないでしょう。最悪な状況としては、制作者だけでなく、発注者をもまで巻き込んで負担をかけてしまう危険性があると言えるでしょう。こんな中でサイト公開になんとかこぎつけられたとしても、一般的に制作費用の追加請求というのは難しいとされており、プロジェクトに関係した人たち全員の中に残念なしこりが残ってしまうという可能性も否定できないでしょう。デスマーチの発生には主に2つの要因が挙げられ、1つ目は、制作計画の見誤りというものが要因である場合でしょう。スケジュールを見誤ってしまうと、制作が間に合わないことは明白でしょう。また、要件定義と詳細がずれている場合にも計画自体に変更が必要になってくるでしょう。不確定要素などを見つけた場合には、それがのちに致命的になるかどうかということと、もし致命的な場合、いつまでにその内容を確定させるべきかという点を発注者とすり合わせておくことが必要でしょう。見積もり段階で曖昧な点はしっかり解消した上で計画を練っていくことが重要でしょう。現場でのプロジェクトマネジメントというのは、デスマーチ対策の万能薬とは言い切れませんが、ここを怠ってしまうと逆に、プロジェクトマネジメントの未熟さがデスマーチを起こす要因となってしまう危険性は否定できないでしょう。不明な点はしっかり書き出し、情報の整理と管理を徹底していくことが大事なのではないでしょうか。また、入念なプロジェクトチェックを周囲に協力してもらうことも良いのではないでしょうか。特に新人プロジェクトマネージャーと言った場合には、扱いがデリケート故に穴が開いてしまうといった事例が多発してしまう傾向にあり、デスマーチ発生の要因になりがちと言えるため、フォロー体制を整えるのも重要でしょう。